今日の昼食は、「山形どまんなか観光物産祭り」の試食会です。
f:id:TOMOYASU:20160331055116j:plain
このイベントは、山形県寒河江市、河北町、西川町、朝日町、大江町にふるさと納税をした方が対象で、参加申込をすると招待状が送られてきます。招待状持参の方のみ参加可能な、クローズなイベントです。参加無料です。
ちなみに参加申込の案内は、3月始めに届きます。家族全員の参加が可能です。(2016年3月のイベント)
ブースはミニ屋台な感じですね。
f:id:TOMOYASU:20160331062020j:plain
我が家は昼の部に参加しました。会場に入ってビックリ。人、人、人…
試食の内容は、各市町のブースで一口サイズの食べ物や飲み物各1~2つずつ用意されていましたので、おなかを満たすのには十分でしたが、各ブースの食べ物を手に入れるまでに並ばないといけないです。
まるで混乱時のプラットホームを彷彿とさせる混み具合です。並ぶ列が幾重にも出来、列が渦を巻き、仕切りも無いので、目的のブースの列が良く分からない感じですね。待ち時間は人気のブースで10~20分、ともちゃんの中ではギリギリセーフの混み具合です。
手に入れた試食品の一部です。
f:id:TOMOYASU:20160331061753j:plain
ちなみに我が家は寒河江市のふるさと納税をしたので、このイベントに参加出来ました。ふるさと納税では、サラミセットをいただきました。このイベントの存在は、参加申込案内をいただくまで知らなかったので、得した気分です。
このイベントのアンケートでは、色々改善点を書かせていただきましたので、来年はスムーズに試食が出来るものと期待しております。
それにしても、無料で美味しい料理とお酒をいただけましたので、山形どまんなか探訪プロジェクト会議の方々をはじめ、寒河江市、河北町、西川町、朝日町、大江町の方々に感謝いたします。

ヲタク大移動によりモロモロ大混雑!でも経済効果だってすごいのよ!!!

夜のドライブ

2018/03/10

コンバンハ、オカジデス。

沢山あった仕事も一つ一つ片付けられて、大分落ち着いてきました。
まあ、今、一つだけ頭を悩ませる仕事があるのですが、もう成る様にしか成らんと割り切るしかないわけです。

と言う事で、急ぎの仕事も無い金曜日。
いつもよりも早めに会社を出てドライブに行ってきました。

ドライブと行っても、遠出をするわけでも無く、横浜の方まで行ってみたり、帰り道、あえて下道使って川崎まで戻って、そこから多摩川沿いを走ってみたり、多摩川沿いを走ったついでに、ここ暫く行っていなかった江川亭にも足を伸ばしてみたりと、よく走っていた道を流す程度のドライブだったわけです。

まあ、遠出じゃないと行っても、横浜行って、川崎、府中、小金井を経由して帰宅してきているので、距離もそれなりにあるわけでして、帰宅したら午前1時過ぎてましたよ。いやぁ、疲れた。

でも、深夜に色んな所をドライブするのはいい気分転換になりますね。
好きな音楽を聴きながら、好きな道を走る。
本当、いい時間を過ごせました。

そいや、帰宅途中寄った永福SA。

自分以外の車はほぼタクシーと何かしらの営業車でした。
タクシーが多いのは、給料日+金曜夜だからなんでしょうね。

まあ、タクシーに限らず、車は多かったなぁと感じましたが・・。

では。

麺武者

2018/03/10

1/15、山形県新庄市、麺武者に行ってきました。
4回目。(→1,2,3)


f:id:kazu_ma634:20170305145546j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20170305145547j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20170305145548j:image:w400
特製らーめん
魚介系白湯スープの醤油味(こってり)。
スープにとろみがあり、ちょっとしょっぱめ。


http://tabelog.com/yamagata/A0604/A060401/6004219/

トラジションボードの魅力は早いテイクオフなのだが、

どうやらテイクオフは早すぎてもダメだという事にようやく気付いた。

同じ日の同じような波で比較してみる。

 

うねりを交わすポイントだがいつもの感触よりパワーが無くロングも多い厚めの波。

ピークを見定めてパドリングし板が滑り出す。

進行方向のショルダーはまだ割れていない。

f:id:GandhiKhan:20170219153149j:plain

A:ここで乗るか?

f:id:GandhiKhan:20170219153241j:plain

B:ここまで待つか?

ドアップによる若干の見苦しさは勘弁していただく。

Aの場合

f:id:GandhiKhan:20170219153419j:plain

上の写真とは違う波だが大体同じような地点で滑り出す

f:id:GandhiKhan:20170219153629j:plain

ショルダーは張っているが今すぐブレイクしそうな感じでもない

f:id:GandhiKhan:20170219153834j:plain

明らかに暇を持て余しているライディング

f:id:GandhiKhan:20170219154041j:plain

あまりにもしょうがないのでチョットバックしてみる

この後ダラダラとトリミングをしているが省略

f:id:GandhiKhan:20170219154544j:plain

ようやく技をかけられそうなポイントを見つける

f:id:GandhiKhan:20170219154646j:plain

少し降ってタイミングを取る

f:id:GandhiKhan:20170219155039j:plain

若干のカービングターン

テールを蹴りだすなんてこの板じゃ無理よ

f:id:GandhiKhan:20170219155523j:plain

ターン後再び斜面を見るが

f:id:GandhiKhan:20170219155625j:plain

私たち、もう終わりにしましょうとの事

f:id:GandhiKhan:20170219155904j:plain

プルアウトで終了です

これでNSA4級は確実だね

 

なんつーかライディングがダラダラとしていて締まりがない

乗ってる時間は長いかもしれんが、もはやそれを競う時期でもないし。

Bの場合

f:id:GandhiKhan:20170219160831j:plain

スタンドアップを遅らせたので足元はブレイクしている

f:id:GandhiKhan:20170219161225j:plain

乗った直後に即リップがめくれ立つ

f:id:GandhiKhan:20170219162116j:plain

全面ドカンと崩れたリップをクリアし次のセクションへ

f:id:GandhiKhan:20170219161645j:plain

基本波のポケットにいるのでボトムターンすれば技セクションに行ける

f:id:GandhiKhan:20170219162417j:plain

これまたトップターン

以後はプルアウトして終了。

始めのセクションの処理をもっと上手に出来れば

さらにライディングが引き締まるだろう。

 

L波の場合

f:id:GandhiKhan:20170219163355j:plain

この時点でスタンドアップ出来るのだが

f:id:GandhiKhan:20170219164444j:plain

若干遅らせる

結果的に厚い波の日でも、掘れた波の日のショルダーと同じ位になっている

f:id:GandhiKhan:20170219164858j:plain

ボトムに降る際波に引っかかってカメラの向きが変わってもうた

f:id:GandhiKhan:20170219165044j:plain

進行方向先のリップを狙う

f:id:GandhiKhan:20170219165249j:plain

重クソ長い板の割には結構攻めました

f:id:GandhiKhan:20170219165543j:plain

以後、次のセクションへ

 

つー事でスタンドアップの際にショルダーが張ってくるまで待つと

トリムが必要無くなるという事が分かった。

いつまで経ってもパンパンパンパン、

アップス星人のあなたは要チェックですよ!?

 

しかし便利な世の中になりましたね。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

サーフィンは楽しむ事が一番大事。これ重要。

しかし上手くなりたいと思っているのに、非効率な練習方法をしていませんか?

いくら雑誌やネットのHow to記事を読んだとしても

自分の画像をチェックできないという事は

復習が全く出来ない事を意味しますから。。。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

和泉美沙希ちゃん関連ツイート(動画、画像)Part55 です。

 兵庫県は14日、個性を持った小売店を表彰する「ひょうごいいね!お店表彰」で最高賞の知事賞に六甲宮前商店街(神戸市灘区)にある佃真六甲本店を選んだと発表した。天然のマコンブに特化し、自社倉庫で熟成させた材料を使った佃煮などを販売する。灘五郷の酒粕を使った地域ブランドの開発するなど、地域活性化への貢献も評価した。

  このほか優秀賞は精肉店の肉のデパートマルヨネ(神戸市長田区)などが受賞した。「お店表彰」は今年で2回目。選定委員会(委員長、田中道雄・大阪学院大学商学部教授)による1次、2次の審査によって各賞を決定した。後日表彰式を開催し、各店舗を県の広報紙などで紹介する予定だ。

f:id:gaku-tokyo:20160315165328p:plain

f:id:ohtanoblog:20170104161321p:plain

 

さぁ、実家に帰らず滋賀県で新年を迎えることになったおおた。

京都の立派な神社に初詣ってのもいい経験かなぁと思ったのですが。

結局元旦は、滋賀県内の神社へ初詣に行きました。

 

  • だって「日吉」っていうから
  • 響けユーフォニアム電車に乗った
  • そして日吉大社へ到着
  • 奥の宮まで山登り
  • おみくじは中吉

 

だって「日吉」っていうから

 

年末「初詣どうするー?」なんて話をしていたとき。

ちょうど、ポストに入っていた地元のフリーペーパーをぱらぱらしていたら

「日吉大社」の文字が。

 

日吉・・・!

 

実家でも毎年必ず、近所の日吉神社へ参拝していました。

(あとちょっと足を伸ばして、川崎大師にも行くのがうちのルート)

前から、このへんにも日吉という地名があるらしいなというのは察知していて

気になっていたんですよね。

 

調べてみると比叡山のふもとに、約2100年前からある由緒ある神社なんだとか。

平安京の鬼門を守る、大事な場所だそう。

しかも「大社」と言うだけあって、全国の「日吉・日枝・山王」神社の総本宮であると!

 

「ひよし」と読んだり「ひえ」と読んだりですが、

あの赤坂の日枝神社だって、ルーツはここということになります。

なんだよ滋賀のくせに、立派な神社もってるじゃーん!

(滋賀の人いつもごめんなさい)

 

とにかくこの日吉大社にお参りすれば

慣れ親しんだ横浜の日吉神社にお参りするも同じ!

しかもその日吉神社は、わたしの実家の近所というだけでなく

大学のキャンパスが近かったので

教授や研究室のみんなと、旦那さんも毎年お参りしたというし。

これは決まりだ!と思いましたね。

 

京都は混雑がひどいだろうし、どうせならご縁があるところに行きましょうと旦那さんを誘導。

 

そして元旦、日吉大社へ!ごーごーひよし!

 

響けユーフォニアム電車に乗った

 

我が家には車がないので、電車移動。

(駐車場はとても混雑して大変そうだったから、車があっても電車かな)

 

京阪石山坂本線の坂本駅を目指します。

 

ちなみにこの京阪石山坂本線、2両の小さな電車なのですが。(2両って!)

響け!ユーフォニアムのラッピングがしてありました。

 

実際アニメを見たことはないですが、存在ぐらいは知っている。

中も外も、ユーフォニアム仕様!

吊革にまでキャラクターちゃんがいましたよ。

聖地巡礼スポットでもあるのでしょうか?

 

ちなみに、いろんなところに「ちはやふる」関係のポスターもありました。

大津のあたりはかるたの聖地であり、ちはやの聖地であるそうな。

 

流行るといいね。(他人事)

 

ちなみに、沿線の「近江神宮」でごっそり下車していった。

たしかに窓から見た感じ、とっても大きくて立派な神社でした。

日吉大社は人気がちょっぴり劣る様子…。

 

そして日吉大社へ到着

 

人気ないんだ…大社のくせに…と不安をふくらませながら駅を降りる。

自動改札機が数台あるのですが、切符用とIC用の台数が明らかに逆だろうと突っ込みたくなりました。

なんでIC使えるのが一台だけやねん。

 

改札を抜けると、比叡山のロープウェイはこっちだよ、という矢印も。

日吉大社ひとつというより、このへん全体が比叡山としての観光地のようです。

 

近江神宮でごっそり人が降りていったときは心配しましたが、

道には人がたくさんでちょっと安心。

(比叡山延暦寺に行く人かもしれないけど)

 

ちょっと坂を上っていくと、おおーきな鳥居が出迎えてくれたので

もっと安心!

やはり大社というだけあって、期待を裏切らない立派さでありました。

 

ちなみにお参りには、300円が必要です。

神社って、あんまりお金とるイメージないですけどね。

入苑協賛料、という名目のようです。

下調べが足りずびっくりしましたが、おとなしく払います。

 

受付を済ませると、こーんなマップがもらえる。

f:id:ohtanoblog:20170104164753j:plain

 

絵も可愛いし立派だね!と旦那さんに言ったら

「300円払ってるからね」と言われた。

そうだった、300円払ったんならこれぐらい作ってくれて当然だ。(せこい)

 

しかしマップを見ると、想像以上に広い!

さすがはわたしの見込んだ大社。

 

魔が去る、何よりも勝る、ということで

お猿さんモチーフがあちこちに見られるのですが

入り口付近にはリアルお猿さんが2匹おいででしたよ。

子どもたちに人気。

 

猿に別れを告げ、とりあえず端から回る。

広い境内にはいろんなお宮があって、お散歩にもなります。

旦那さんは「ところどころの川がおしゃれ」と言っていました。ご参考まで。

 

ちなみに、社殿は日吉造り(ひえづくり)という独特の様式で建てられていて

全国でもここでしか見られないんだとか。

そういうの、なんかわくわくしちゃう。

 

奥の宮まで山登り

 

とりあえず初心者らしく、マップの数字通りぐるーっとまわってゆく。

ただ、一か所はとばしたんです。

 

それが7番のここ。

f:id:ohtanoblog:20170104170407j:plain

 

いやいや、と。

なんかめっちゃ省略されてるっぽいし。

絶対遠いし。

山の入り口の石段すごかったし、と。

 

でもね。別のお宮のお参りの列に並んでいるときマップの説明文読んでたら、見つけちゃった。

 

「7 金大厳(こがねのおおいわ)」

八王子山上の急斜面に2つのお社があります。

その間にある、高さ約10mの岩がこの神社の始まりとされています。

 

高さ約10mの岩がこの神社の始まりとされています。

そういうの!

わくわくしちゃうから!!

 

ということで、奥の宮まで行くことに。

 

旦那さんに「俺はいいけど、大丈夫?途中でもうだめって言わない?」と念押しされながらも

「いけるよ!やりとげた人間にしか見えない景色があるんだから!!」と謎の情熱を燃やし登り始める。

 

正直、すっごくきつかったです。

 

ただの山登り。ヒールのある靴じゃなくてよかった。

境内のほかの場所は人がいっぱいいたのに、急に誰もいなくなって

ほんとにここ登っていいの?たどり着けるの?」と心配になるほどの山道。

矢印とか、あと何mみたいな看板もないし。

 

土と、石ころと、落葉の地面。しかも急。

まわりはひたすら木。

そしてとても静か。

下界の人のざわめきや、鈴を鳴らす音もすぐ聞こえなくなる。

 

最初と最後こそ石段がありましたが

それも一段一段が石っていうより岩で、

ただの土の斜面より上りやすくなる…と簡単には言えないし。

 

そしてぜーぜー言いながら、なんとかお宮まで登りきった!

 

視界に大岩が現れた時には、ちょっと鳥肌が立ちましたね。

パワースポット好きとか、そんなんじゃないですけど。

 

景色もとてもきれいでした。

f:id:ohtanoblog:20170104171842j:plain

 

そうか。

これが琵琶湖か、と。

 

もちろん慣れ親しんだ関東が恋しいし

横浜に戻れるもんなら戻りたいし

2両で足りるなんてど田舎め、とバカにするスタイルなんですけど

 

ちょっとだけいま住んでいるところを好きになれるような

だいじな時間でした。

旦那さんがいなかったら、日が暮れるまでそこにいられたと思う。

 

登ってよかった。

わたしにはこの景色が必要だった。

くたくただけど。

 

ちなみに下りるのも一苦労。

登りのように息切れはしないんだけど、

とにかく土と落ち葉の急斜面。

ずるっとすべって崖下へころりんちょするのではと気が気ではありませんでした。

実際数回、ずるっといきましたし。

死ぬよほんとに。

 

↑の写真を撮ったスポットも、

「これが二時間ドラマの冒頭なら突き落とされて死ぬ」という思いが思考の2割を占めていました。

 

みなさん、日吉大社へ行く際は気を付けて。

ヒールは禁物です。

 

おみくじは中吉

 

中吉でした。

おさるさん型のおみくじもありましたが、

形が残ってもきれいに飾ってあげられる場所がないので

ふつうのおみくじに。

 

思えば中吉の人生なんですよね。

大吉でもなけりゃぁ凶でもない。

2017年も、堅実にやっていければいいかなと思います。

 

 

 

ではね |ω°)ノ

jglball.jpg

さて、昨年の 12/19 に新宿で開始したジャグリングの練習だが、あれから一ヶ月足らず。

中々上達しないが、少しずつ続けている。

昨日、目標としていた「カスケード 100回キャッチ」にやっと到達した。

今の記録はこんな感じ:

  • カスケード: 109 キャッチ
  • 2イン1ハンド(通常): 19 キャッチ
  • 2イン1ハンド(平行): 28キャッチ
  • ワンアップ・ツーアップ: 9 キャッチ
  • オーバー・ザ・トップ: 3 回