火曜日23:00より、TOKYO MXにてアニメ『それが声優!』が放送されています。

 

soregaseiyu.com

 

以下、ネタバレ要素がありますので注意してください。バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

  

2015年7月14日は第2話「オーディション」でした。

 

 

一ノ瀬双葉は、デビューしたての新人声優。けれど今のところ、特に際立った個性もなく、残念ながら仕事もほとんどない。アルバイトで生計を立てながら、試行錯誤の日々を送っていた。
そんなある日、双葉は、TVアニメ『仏戦士ボサツオン』のアフレコスタジオで、自分と同じ新人声優、萌咲いちごと小花鈴と出会いーー。
現役声優である私、浅野真澄が、今までの経験と膨大な取材をもとに、好きなことを仕事にしようと格闘する女の子たちの日常を、楽しく、生々しく書きました。声優になりたいあなた、声優・アニメファンのあなた、進路に悩むあなたにこそ見てほしい。誇張もディフォルメもないリアルな私達の姿、きっと楽しんでもらえるはずです。
原作者 あさのますみ / 浅野真澄

 

というイントロダクションです。 原作が“あさのますみ”さんで、作画が畑健二郎さん。

 

blog.livedoor.jp

 

 

2話「オーディション」は神谷浩史さんが登場

 

1話は大御所声優の野沢雅子さんが本人役で登場していました。その流れは2話にも受け継がれており、今回は神谷浩史さんが本人役で登場しています。主人公の一ノ瀬双葉(いちのせ・ふたば)と同じ事務所で所属している先輩声優さんのようです。

 

kiramune.jp

 

私は声優に疎いので神谷さんの名前を知らなかったです。ネットで調べたところ、『さよなら絶望先生』の糸色望や『機動戦士ガンダム00』のティエリア・アーデ、『ONE PIECE』のトラファルガー・ロー、『物語シリーズ』の阿良々木暦, etc……といった声を担当されている方だそうです。

そうでしたか、ラララギさんでしたか……ワンピースはほとんど見ていないので分からないですけど、トラファルガー・ローは今週アニメをちらっと見た時に映っていたので知っています。ファーっぽいキャップを被っている人ですよね。彼はルフィの仲間なのでしょうか? 麦わらの一味? いや、調べてみます。

神谷浩史は猫好きみたいです。双葉が来ていたダサダサの猫プリントのTシャツに食いついて、スマホで撮った自宅(?)の猫画像を双葉に見せていました。

 

それはそうと、今回も声優業界の掟が明らかにされました。何でも、双葉の所属する青空プロダクションでは、新人声優は仕事がなくても事務所に顔を出し、名札をつけて、出社してきたマネージャーさんや先輩声優に顔と名前を覚えてもらうように、入り口付近に整列して、明るく笑顔で挨拶をするのだそうです。明るくコネ作りしようって……。

あくまでアニメ限定の話かも知れませんけど、元ネタがあるからアニメにしているのでしょうし……前回の声優全員に挨拶回りをすることといい、声優業界厳しいですね。今回の挨拶に関しては、ある意味で効率が良いことなのかも知れないですけど、個人的にはあんなこと絶対やりたくないですね……馬鹿馬鹿しいなぁと思ってしまいます。どの業界でもそうでしょうけれども、この業界でもコネが大事なのですね。コネというより営業力といった方がいいかな。

てか、リアル神谷浩史さんは所属が青二プロダクションだそうですから、青空プロダクションのモデルということですよね。名前が似ています。つまりこの新人声優の挨拶は青二プロダクションでは慣例になっていると……?

 

 

その他、雑感

今回、新キャラと思いますが、青空プロダクションのマネージャーの集さん(あつまり、CV小清水亜美)、新人マネージャーの紺野あおい(こんの・あおい、CV古木のぞみ)が登場しています。

双葉はあおいちゃんから『七色の巨人』なる作品のオーディションの提案を受け、オーディションを受けることになりました。萌咲いちご(もえさき・いちご)と小花鈴(こはな・りん)も同じオーディションを受けましたが、キャラクターが異なるため競合しませんでした。オーディションはどうなったか……。

1話で双葉は、TVアニメ『仏戦士ボサツオン』のピポーというマスコットロボットの声を担当していましたが、ピポーの役も終わりのようですし、青空プロダクションは2年契約で芽が出ないようなら足切りになるみたいですし……双葉の今後は一体……。

最後に、怪しげなおじさんから双葉といちごと鈴の3人が声をかけられていました。3人でWebラジオをやってみない? ということでした。特に双葉といちごの飛躍のきっかけになるといいですけどね。

双葉といちごと鈴の3人は1話よりも仲良くなっています。3人でケーキを食べて、自分たちのことを色々と話して距離が近づいている様子を窺えます。いちごは軽く毒を吐き、双葉から「毒いちご」と呼ばれる、という流れが今後定着していきそうな感じ。

2話のEDは前回と同じく他の曲が挿入されていました。1話は「残酷な天使のテーゼ」でした。今回は『さよなら絶望先生』のOP「人として軸がぶれている」でした。神谷さん繋がりですか。

 

 

dysdisanime.hateblo.jp