日本マイクロソフトは、中国・上海で23日に発表された新しい「Surface Pro」を、6月15日に日本国内で販売開始をする。価格は個人向けが105,800円、法人向けが93,800円より。

 第7世代Coreプロセッサを搭載するほか、キックスタンドのヒンジに新しく設計した20種類のパーツを採用し、165度まで開くようになった。また、Surface Penの筆圧は従来の1,024段階から4,096段階に向上し、遅延は21msを実現した。

 バッテリ駆動時間は13.5時間。グラファイト素材を利用した冷却性の強化により、Core i7では静音ファン、Core i5モデルでは完全なファンレスを実現した。なお、LTEに対応したモデルについても2017年秋頃に投入するとしている。

 現在、都内で発表会が行なわれており、詳細は追ってお伝えする。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1061759.html

コメント一覧
欲しいけど取り敢えず夏のボーナスを取っておいてLTEモデル待ちかな
いまどき、LTEモデル同時に売ってもいいだろ〜
PCのLTEってあまり現実的じゃなくない?
通信量の関係で

基本Wi-Fiで、こういうの持ち歩く人はほかにも通信機器もってそうだから、
限定的に使うときはモバイルルーターにつなぐって感じじゃないのかね
今年はiPad Pro2とiPhone8買うからいらんな
ノートPCにデザインや不要なまでの小型化が必要か?
まさか持ってるとカッコイイとでも思ってる人多いのかな。
WWDC待ちかな。
WWDCで買いたいものが出なければSurface Pro買う予定。
本格的なデジ絵はじめるのに使えるなら買おうかと思うんだけど
普通にデスクトップ用のペンタブ買ったほうがいいかな?
>>4
自分もそう思う
LTEなんて緊急用ぐらいにしか使えなくないかと
アメリカで799ドルだから14万ぐらいになると思ったのに意外!