よくサムホールがゆるいとボウルを握りサムが抜けないと言いますが


正直私握ってまーす

でもサムが抜けないなんて100パーセントありません

テープはブランズウィックの白いどこでもある先が丸い普通のテープを

下1センチくらいカット サムホールの親指腹側の一番出っ張ったところに

ジャストになるように貼ります で枚数はもう感覚で気持ち良く握れる程度に

貼ります                                          続く


ボウリングのいろいろな書物にはゆるくてもダメ きつすぎてもダメ

なんか表現があいまいですよね


 わたしもいろいろ試しました まず最初はサムホール

親指の背中側に貼ってみました 


正直これは失敗でした抜ける事は抜けるのですが

抜くときの摩擦で親指の背中が痛くなるのです 


そこでセンターの方に相談して

親指の背中側に直接貼るフィッテイングテープを使用しましたがまたまた失敗

今度はインサートテープとフィッテイングテープが摩擦でボロボロに1ゲーム

持ちません                                           

                                              まだ続く


で 親指の背中にフィッテイングテープを サムホールの腹側にインサートテープを

貼ることにで投げてみましたがなんかおかしい?貼りたすたびになんかへんな違和感

そうテープでスパンが変化しているのです 


こりゃあやばいな で なんかスパン変えず

貼る方法ないかなと指の形を眺めたら 根本はまっすぐ先は細い

新世界の佐藤さん

言ってたな指の形はみんな違うからと 


 そうか細いところだけに貼れば

スパン変わらないんだ





(ここから 調整方法)

 

 腹側のソリッドの外から1センチくらい隙間あけて貼る

そしてインサートテープ下部をカットして下にずらしながら重ね貼り


親指のカーブに合わせるようにだんだんとテープを短くカットして

 下にずらしながら貼っていきます

 親指が根本まで入る一枚手前で完成です


                 

                                            まだまだ続く

 次は握ると抱えるの違いについて


指の形にあわせきちんと調整すればホールに親指を

入れただけで自然とまっすぐになる 無理にまっすぐにする必要も無い

まっすぐなんできれいに抜けるあとはしっかり抱える


しっかり調整できたら 握るのが 

抱える感覚になります(ここ重要 握るんじゃなくて抱える)


みなさんも自分の指に合わせた調整を見つけ

ボールを抱えるようになりましょう


                                        終わり



追加

  脱力スイング (フリーアーム)のサムホール調整方法


 テープの貼り方は上記のとおりですが

  

 フリーアームになると より キツイ調整が必要となります


 インサートテープはホールの腹側のみでジャストフィットに貼ってください


 ここから 親指の 背中側にフィッテイングテープを二枚重ねて


 貼ってください   テープの厚みが程よくクッションとなり

 フィット感が上がります さらに滑りもよく速く抜けます


 フリーアームはとにかく キツメに調整してください